ねこらぼ( 'ω')

名古屋でこそこそと活動っぽいことをしている橋本ねこのブログ( 'ω')

【LR】日本酒「2011141719」をいただく

あからさまに格式高いルックス。 一目でタダ物じゃない事が分かる。 これがレジェンドレアの風格。 色からしてブランデーとかそういう類いかと思いきや、なんとカテゴリーは日本酒。 ふむ、貴醸酒というらしい。 貴醸酒 水の代わりに"酒"を使う 呼び名 日本…

【SSR】赤ワイン「神景 赤 2017」をいただく

ここ数年では国内産ワインも随分と見かけるようになった。 価格も手が届きやすくなってきたと言える。 数年前までは、国内産ワインは価格が高い上にそこまで美味では無かった。 海外のワインの歴史に比べれば、国内ワインはまだまだ浅過ぎた。日本でも生食の…

【SR】焼酎「理想の麦焼酎を夢見た私の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。」をいただく

長い長い。さすがに30文字は長い。ほぼ短歌じゃん。 どうせ略は「麦物語」でしょう。と思ったら公式は「麦夢」らしい。 ちなみに麦焼酎以外にもこのシリーズはあり、「酒米の王様に恋した僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。」という日本酒と、「幻…

【SSR】梅酒「& AKA Sparkling」をいただく

梅酒のスパークリング。 最高じゃないですか、わざわざソーダ割りにする必要が無いなんて。 "梅酒"とは何なのか 梅酒の歴史 梅酒≠果実酒 梅を何に漬ける? 「&AKA Sparkling」について 「& AKA」と「& AKA Sparkling」 湯浅ワイナリー スペック 飲んでみる …

【SSR】日本酒「mum × mum dry」をいただく

KURANDの酒ガチャでは夏らしい泡酒をメインとして多種多様なお酒が入っていた。 KURANDが元々日本酒を多く扱っている事もあり、日本酒の泡酒も含まれていた。それこそあいねもそう。 そしてこの「mum × mum dry」(マム バイ マム ドライ)もスパークリング日…

【SR】リキュール「まぁるいれもんのお酒」をいただく

名前、色からしておいしい。間違いなくおいしい事は確定した。 しかし、レモンはお酒としてはあまりに身近だ。ビール、ハイボールに次いでレモンサワーは大人気である。 レモンとお酒 海外でのレモンサワー 歴史 レモンの将来 「まぁるいれもんのお酒」につ…

【LR】日本酒「FRESH VINTAGE 2018 和歌山山田錦」をいただく

そろそろレジェンドレアのお酒を頂いてみよう。 レジェンド=伝説級のお酒とは如何なるものか。ハードルが高まり切った状態でいただく、夏の酒ガチャ2021の初のレジェンドレア。 今までのSSR*1でも充分おいしかったし、SR*2でもおいしかった。NR*3は入ってな…

【SSR】果実酒「王様のシードル」をいただく

王様と名が付けば、それは往々にして最上級を意味する。 キングサーモンは最大級の鮭だし、ダイオウイカは6.5mもの体長を誇るし、キングサイズのベッドはとにかくでかい。 そう、王様はその国のトップ。そしてその上は存在しない。 つまり王様のシードルはシ…

【SSR】果実酒「TAWAWA Sparkling ラフランス&山ぶどう」をいただく

酒というものは奥が深いが、果実酒もまた奥の深い酒である。 リキュールと違い、果実が直接醸されているため、その味わいは複雑。 果実を100%使っていても、ジュースと違って果実を丸かじりしているような味にはならない。それこそワインが良い例だ。 果実酒…

【SSR】果実酒「URU Wild Blueberry」をいただく

果実を発酵させたお酒を果実酒と呼ぶ。簡単に言えばワインが該当する。 厳密な酒税法の分類では「果実を原料にして発酵させたもの」が該当するが、最近ではホワイトリカー等の酒に果物を漬け込んだものを果実酒と呼んだりすることもある。つまり梅酒も果実酒…

【SR】リキュール「BARA」をいただく

実に様々な種類のお酒が届いたKURANDの酒ガチャ。 日本酒がメインではあるが、ワインや焼酎も入り、中には変わり種なお酒もあった。 そのうちのひとつがこちら、「BARA」である。 「BARA」について 天領誉酒造 スペック 果実酒とリキュールについて 果実酒 …